自慢タイム

「あなたやあなたの会社と、
競合相手との一番の違いは何ですか?」


もし、こう聞かれたらどう答えますか?

技術力の高さ?
独自の商品?
商品の価格?

それとも、、、

対応力の早さ?
品数?
独自の製法?

あるいは、、、

お客さんとの距離の近いとか?

女性専用のスポーツジムのように
特定のお客さんだけ扱っているとか?

塩専門店みたいに
特定の商品だけ扱っているとか?


・・・

 


さて、、、
少し考えて頂いたと思いますが、、、


この「答え」が何なのかは、
実は今日の本題とは関係ありません。


もちろん、じっくり考える価値のある、
「質問」ではあるのですが、、、


この「質問」。

初対面の人と絆を作るのに
とても有効な質問なんです。


「紹介の連鎖が永久に続く マル秘人脈活用術」 P.37
--------------------------------------------------------
私はこの質問を自慢タイムとよんでいる。

私たちは人生の中で、
自分自身や自分の成果を自慢してはいけない
と繰り返し教え込まれる。

しかし、ここでは話し相手に好きなだけ
自慢する機会を与えよう。

--------------------------------------------------------


「紹介の連鎖が永久に続く
マル秘人脈活用術」によると、

これは「フィール・グッド・クエスチョン」
と呼ばれる質問の一つ。

フィール・グッド=気分が良くなる

つまり、相手が答えるのが
楽しくなるような質問をなげかけることで、
相手との距離を短時間で詰める
というテクニックです。


交流会や懇親会で名刺交換をし、
お互いの気持ちがほぐれたところで
こういった質問をする。


そうすると、相手は話がとまらなくなり、
一気に親密になれる、というわけです。

 

さて、、、冒頭に戻って。


「あなたやあなたの会社と、
競合相手との一番の違いは何ですか?」

こう聞かれたらどう答えますか?

 


「紹介の連鎖が永久に続く マル秘人脈活用術」には、
全部で10のフィール・グッド・クエスチョンが書かれています。

クリックして詳細を確認する http://directbook.jp/ber/index_af.html

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
お金に嫌われる人


億万長者のお金を生み出す26の行動原則
P.42より

--------------------------------------------------------
お金には良心などない。
聖書の発行人の元にも渡るし、
風俗作家の元へも届く。

どちらが善いとか悪いとか言うつもりはない。
(中略)

いとも簡単にお金を山ほど引き寄せたいなら、
お金とはどういうものであり、
どういうものではないかという”本質”や、
お金の持つ”パワー”や、あるところから
別のところへどんなふうに動いていくかを、
しっかり理解する必要がある。

お金は良心など持ち合わせていない。
ただの紙切れに過ぎない。
--------------------------------------------------------

 

よくお金に汚れたお金、綺麗なお金という
意味付けをする人が多いです。

しかし、ケネディの言うとおり
お金自体はただの紙切れに過ぎません。


このようなお金に対して
誤った考えをしてしまうのは、
日本では、お金に対する教育が
ほとんど行われていないのからかもしれません。


なので、お金を引き寄せるために、
今までのお金についての考え方を見直し
正しい知識を学んでみてはいかがでしょうか?


というわけで、お金を引き寄せたい方
お金を生み出す行動原則を知りたい方には
オススメできる一冊です。


クリックして詳細を確認する

 

============================
『トライブ=人を動かす5つの原則』紹介文

(この紹介文は、商品ページにもありますが、
成約率が圧倒的に高いメールなので、これを載せておきます)
============================
[件名]アマゾンが唯一恐れた会社

 

ザッポスという会社をご存知でしょうか?


この会社は靴のネット通販で大成功を収めて
売上1000億にまで急成長し
最終的にAmazonが買収した会社です。


急成長の秘密は顧客満足度がとても高く、
通販でリッツカールトンやディズニーランド
レベルの顧客サービスを実現していることです。


それだけでなく社員満足度も異常に高く、
働きたい人が募集枠を求めて
空きが出るのを待っているそうです。


社員全員が幸せだからこそ
顧客にも幸せを届けることができる
というわけです。


優秀な人材が向こうから集まってくる会社は
やる気のない社員ばかりで成り立っている
会社とは勢いもパワーも全然違います。


Googleなどがその分かりやすい例です。


そのザッポスのCEOトニーシェイが
「ザッポスで無意識にやろうとしていたことが
体系化されている」
と絶賛した本がこれです。

人の問題で困っている人にとっては
とてもオススメできる一冊です。

クリックして詳細を確認する 

www.directbook.jp