集客で必ずぶち当たる壁とは ?


だれもが集客するときに

いちばん悩むことは

面白いコンテンツが作れない

ということです。

 

米国のある調査をみると、

問題の最も多いのが

「夢中にさせるコンテンツを作れないこと」で、

全回答の41%を占めていました。

 

YouTubeなどの

メディアを取り入れても

SNS等のメディアを使っても

結局、面白いコンテンツが

作れなくてはどうしようもありません。

 

どうすれば面白いコンテンツを

作れるのかそれは、

「読者の興味をそそる

見出しを考える」ことです。

 

メールの件名や記事のタイトル

これはとても重要な部分です。

 

情報という海に沈まないような

見出しをつけなければ

そもそも読んでもらえないのは

当たり前ですよね。

 

そして、

見出しをじっくり考える理由は

それだけではありません。

 

読者が興味を持つ

見出しを考えることで、

面白いと思うポイントを

明確にすることができます。

 

そのポイントに絞って

記事を書けば、

自然と面白いと思うものを

作り上げることができます。

 

たとえば

「数日間で猫背を治した、

驚きのストレッチ方法」

 

すごい情報があるということを

伝えて好奇心を刺激して

完全には満足させないような

書き方をすることで、

続きを読むように誘いかけます。

 

又、

「仕事中にもできるストレッチ

の1週間コース」

 

ただ「ストレッチ方法」と

書くのではなくて

悩みを解決する具体的な情報が

ここにありますという見出しにします。

 

ときには数字を使って、

「仕事中にできる

10秒ストレッチの1週間プログラム」

 

「10秒」という数字を入れることで、

さらに期待感が集まりますね。

 

具体的な数字を入れることで、

さらに内容を想像しやすくなり、

好奇心が高まるのです。

 

このように

記事の見出しをつければ、

自然と読者が満足する

記事を書けるでしょう。

 

でもこれだけでは、

面白いコンテンツには及びません。

お客さんを集める記事と

見向きもされない記事の違いとは?

 

あなたも売上に直結する記事が

書けるようになりたいですよね。

 


只、良い話聞いたなで

終わる記事を書いてても

売り上げにはなりません。


長くなりましたので、

明日はそんな記事の書き方の

ポイントをまとめてみます。

 

一緒にビジネスを成長させましょうね。

今すぐ行動を起こせる人はこちらをご覧ください。

http://aff.celebritytrip.club/lp/4841/559997