これからは「ストーリー」の持つ力を知る

現在、ストーリーの語り方は、

仕事の中で絶対に

欠かすことが出来なくなっています。

 

私たち人間は、ストーリーを読むと、

書かれている以上の事を

感じることが出来ますね。

 

しかし、多くの人は

この商品が、他と違って

どれくらい優れているのか。

 

だけをひたすら伝えようと

してしまうのです。

 

例えば、皮膚科の院長でしたら、

「この皮膚科は、担当の先生が

 あなたを症状を最後まで

 責任を持って治療致します。」

 

とか、ステーキハウスなら、

「ここでは、最高ランクの

 お肉を使った肉汁たっぷりの

 ステーキがお勧めです。」

 

このように以前はこれで

良かったのかも知れません。

 

担当の先生に付いてもらえる皮膚科は、

無かったかも知れません。

 

最高ランクの肉を使っているステーキも

少なかったかも知れません。

 

しかし、物が溢れている

現在では、これは通用しませんね。

 

そうです、今は

商品やサービスの特徴で

他との差別化をするのではなく

ストーリーを語って、

他と差別化するのです。

 

「人に語れるストーリーなんて無い」

 

ほとんどの人はそう思いますね。

 

しかし、ストーリーは誰にでも

語れるのですよ。

 

小説が書けなくても、

本を読むのが嫌いでも

大丈夫です。

 

あなたもビジネスに

ストーリーを取り入れて、

競合に差をつけましょう。

 

ストーリーの良いところは、

商品やサービスではなく、

あなたのブランディング

役にたちますよ。

 

お客様は、

あなたから買いたいとか、

あなたのサービスを受けたい

と言って集まって来るのです。

今すぐ行動を起こせる人はこちらをご覧ください。

http://aff.celebritytrip.club/lp/4841/559997