魅力的でない選択肢があると良い?

雑誌の年間購読案内の

実験がありました。

 

ふたつのグループに、

雑誌の購読案内を送りました。

 

ひとつのグループには、

「ウェブ版」

「ウェブ版と印刷版」

 

もうひとつのグループには、

「ウェブ版」

「印刷版」

「ウェブ版+印刷版」

 

価格は、

ウェブ版は、7000円

印刷版は、14800円

ウェブ版+印刷版が、14800円

 

どちらも条件はほとんど

同じにしました。

 

ただ、後のグループには、

「印刷版だけの購読」が

含まれていました。

 

でも、

「印刷版」を選択した人は

誰もいませんでした。

 

そして、後のグループでは、

ウェブ版と印刷版のセット購読を

選ぶ人は62%多くなり、

利益も43%増えています。

 

しかし、行ったのは、

売りにくい「印刷版」を

「おとり」にしたのです。

 

なぜおとり商品は

うまくいったのでしょうか。

 

この実験は、

私達が選択肢の中から

ひとつを選ぶときに、

脳内で何が起きているかを

調べてみました。

 

結果は、

魅力が同じふたつの選択肢から

選ぶ場合は、選択の難しさが原因で

イラ立ちを示すことが解りました。

 

そこに、

それほど魅力的でない選択肢が

もうひとつ加わる事によって、

 

選ぶ過程が、前よりも簡単で

楽しくなることが証明されました。

 

お客様は常に選択に迷っています。

 

必要な商品を手に入れるために、

お客様はどちらかの方向に

ひと押ししてくれるのを

求めているのです。

 

こんな簡単なことを

知っているだけで、

得するアイデアがあります。

 

あなたのビジネスでも

きっと取り入れる事が

出来るはずですね。

今すぐ行動を起こせる人はこちらをご覧ください。

http://aff.celebritytrip.club/lp/4841/559997