「価格に生きる者は、価格に死ぬ」!!

ほとんどの社長は、売上を伸ばしたい時に

価格を下げようとします。

 

そして、最安値!!

と売り文句をつけたりしますね。

 

しかし、価格が安いと、

手元に入ってくる利益は少なくなります。

それで少しでも多くの利益を出すためには、

大量に商品を売らないといけませんね。

 

これは、薄利多売の状態で、

一時的に売上は上がっても

利益は出ません。

 

広告と宣伝に使える費用は

とても小さく抑えるようになります。

 

こうなると商品を思うように

売ることが出来なくなり、

会社は潰れてしまいます。

 

これが今日のタイトル

「価格に生きる者は価格に死ぬ」

ということです。

 

解決方法は簡単です。

価格を上げればいいんです。

 

まわりを見て下さい。

同じ商品でも、2倍、3倍の値段で

販売していの方は沢山います。

 

どういう事かと言いますと、

価格とは、売り手の意見や

原価から売れるのではないのです。

 

そう、あなたも思うとおり、

買うお客様からの評価でしか

決まらないという事です。

 

あなたの会社も

お客様が得たい結果を

提供することさえ出来ますね。

 

お客様にとってそれは

「金額相当の価値がある」

ということなので薄利多売に

ならないように、価格を上げて、

販売しましょうね。

http://aff.celebritytrip.club/lp/4841/559997